作業安全耳栓Top


作業員になかなか耳栓を着用してもらえない
とお悩みの安全管理担当者の方!


次のような悩みはございませんか?
  • 耳への対策必要だけど何から手を付けたらよいかわからない
  • 「耳栓着用」と注意を促しても、いっこうに作業員に着用してもらえない
  • 作業途中で、作業員が耳栓を外してしまう
  • 作業員が耳栓を適切に着用しない(耳穴にピッタリ密着させて使用しない)
  • 作業員が頻繁に耳栓を脱着するため、耳栓を紛失してしまうことが多い
osusume_button

実際、あなたの工場はどうですか?

田淵ら(2005)らの中小プレス工場での調査によると
9年以下の勤続者で40%以上が聴力障害を持っていると報告されています。
20年以上の勤続者であれば80%以上にも上るそうです。

作業員が難聴になると・・・
  • 難聴のため、作業員が作業を行いにくくなる(操作音、異常音が聞き分けできず、上司、同僚との会話に難あり)
  • 作業員の健康状態が悪くなる(耳鳴りがする、頭が痛い)
  • 作業員のモチベーションが低下する、やめてしまう(耳への不安から、仕事を続けるか悩んでしまう)
  • 訴訟に発展する(難聴による生活の難しさ、治療ができないことから)
  • 若手人材が集まらなくなる(工場内の騒音への対処を行っていないことから敬遠される)
実際、あなたの工場ではどうですか?

osusume_button


でも、耳栓導入をどうすすめると良いの???

良く聞く「耳栓を着用してもらえない理由」を知っていると耳栓選びの参考になりますよ♪
  1. 耳栓で必要な音(装置操作音、上司、同僚の声、電話連絡)が聞こえず、作業が行いにくくなる
  2. 耳栓で危険を察知するための音(警報、危険音、フォークリフトの音)が聞こえず、不安になる
  3. 耳栓を長時間つけていると、耳が痛くなってくる
  4. 耳栓で、耳がただれたり、かゆくなる、蒸れてくる

もし、耳栓着用率が上がらないのが悩みであれば、その理由さえ分かれば、
状況にあった耳栓を選択でき、耳栓着用率を向上させ、作業員も安心安全な作業をすすめられるはずです!
osusume_button


でも、工場では
どのような耳栓を使うと良いの?

おすすめは MusicSafe ProWorkSafe
▼▼ 下記の『工場耳栓よくある状況』5つをご参考にお選びください! ▼▼
1. 耳栓で必要な音が聞こえず、作業が行いにくい
2. 耳栓で危険察知音が聞こえず、不安になる
3. 耳栓を長時間つけて、耳が痛くなる
4. 耳栓で、耳がただれたり、かゆくなる、蒸れてくる
5. 耳栓装用のままで、電話連絡したい
工場,耳栓,musicsafe
MusicSafe,耳栓,安全

商品名   Alpine Hearing Protection MusicSafe Pro
個数    1ペア(左右 各1個 + 耳栓傘部分のみが1つオマケ!)
価格    3,960円(税込)



耳栓,工場,worksafe



worksafe,耳栓,作業

商品名   Alpine Hearing Protection WorkSafe (2015年版)
個数    1ペア(左右 各1個)
価格    2,890円(税込)




1. 耳栓で必要な音が聞こえず、作業が行いにくい → MusicSafe Pro
2. 耳栓で危険察知音が聞こえず、不安になる → MusicSafe Pro

MusicSafe,耳栓,安全
【機能】付属の3種類のプラグを差し替えて、耳栓での音の遮断、通過を調整できる
【効果】実際の作業場に合わせて音の微調整できます

耳栓と言うと音を遮断する機能ばかりが重視されますが、
着用率が上がらない場合は、必要な音が聞き取れないケースが多いようです。
市販されている耳栓で音の調整ができるものは稀です。着用率向上に便利に使えます。
「当社専門エンジニアからのコメント」

調整,耳栓,便利

MusicSafe Proには、特殊フィルタープラグが3つ付属。簡単なプラグ交換で、音の加減が三段階にできる。工場の現場、作業場所によって異なる「気になる音」に対応可能。柔軟性を備えているプレミアム製品です。WorkSafeには、固定で赤色の特殊フィルターがついています。




3. 耳栓を長時間つけて、耳が痛くなる → MusicSafe Pro、または WorkSafe

MusicSafe,耳栓,安全
worksafe,耳栓,作業
【機能】構造的にも、素材的にも、耳へのアタリが強くならないようになっています
【効果】耳栓を長時間装用しても、耳が痛くなったり、疲れたりしにくいです

工場で耳栓をご使用いただく場合、8時間程度の長時間耳栓を着用することが要求されると思います。
勤務日週5日程度、繰り返しご使用されることになろうかと思います。
「耳が痛くなってしまう」などがあると、作業員の方は耳栓装用をやめたり
しっかりと装着しない(結果的に耳が保護されない)という問題が起きてしまうかと思います。
これだと、折角行っている耳栓での対策も無駄になってしまいます。
MusicSafe Pro、WorkSafeは、構造的にも、素材的にもよくできていると思います!
「当社専門エンジニアからのコメント」

つけ心地,耳栓 耳栓,つけ心地 2枚の傘が耳穴の中でフィットしアタリを圧力分散してくれるので長時間使用しても疲れにくい。表面もソフトでなめらかなつくり。長時間にわたっての作業で使用するには重要なポイントとなります。


4. 耳栓で、耳がただれたり、かゆくなる、蒸れてくる → MusicSafe Pro、または WorkSafe

MusicSafe,耳栓,安全

worksafe,耳栓,作業

【機能】耳栓のプラグ部分に微小孔があり、通気がある
【効果】汗をかきやすい状況での耳栓使用に向いています

工場内が高温になる場合、耳栓装用していて汗で不快になるという場合があるようです。それにより、耳栓自体を装用しなくなる、しっかりと装着しないという問題が起きるようです。こちらも、折角行っている耳栓での対策も無駄になってしまいます。
MusicSafe Pro、WorkSafeともに、プラグ部分に微小な貫通穴があるため、ポリウレタン製のスポンジ状耳栓との比較では、通気がよいと思います。また、傘型になっていて耳穴に対しての接地面が少ないので、耳穴の中が若干ムシムシしにくいかと思います。
「当社専門エンジニアからのコメント」


5. 耳栓装用のままで、電話連絡したい → MusicSafe Pro

MusicSafe,耳栓,安全

【機能】耳栓の取っ手部分が突き出てないため、受話器をあてても邪魔になりません
【効果】電話連絡があった場合、耳栓を外すことなく電話を取ることができる

工場で耳栓をご使用の際、例えば、耳栓を着用した上で、衛生服を着用しているなどで、電話連絡があった場合、耳栓を外すことなく電話を取りたいということがあるかと思います。このような状況で耳栓を脱着していると、耳栓紛失につながることも多いようです。
この場合、耳栓の取っ手部分が突き出ず、受話器を耳にあてても耳栓が邪魔にならないことと、耳栓を装用したままでも電話の声が聞き取りやすいことが重要になってきます。
MusicSafe Proの場合、耳栓の取っ手部分が突き出てないため(WorkSafeは長めです。はさみで切って調整もできますが・・)、受話器をあてても邪魔になりません。また、付属の白色プラグの場合は、特に電話の声は通りやすいため便利です。
「当社専門エンジニアからのコメント」
電話,耳栓



よくある質問はコチラ・・・

●導入時の悩み
●使い方のヒント
●使い勝手をよくしたい
●衛生、管理
●交換時期
○「決済」について
○「配送」について
○「領収書、その他」について

どの耳栓が最適なのか悩んだときは・・・「無料相談」も行っていますので、ご活用ください。
耳栓,相談,工場


こんな作業現場にピッタリ!

  • 工場内の大きな装置音で毎日疲れてしまう、耳の健康に不安という作業現場
  • 作業員が耳の健康に不安をお持ちの作業現場
  • 警告音、フォークリフト接近音に気を配らないといけないけど、耳は守りたいという作業現場
  • 耳栓をしていても装置の異音に気がつく必要があるような作業現場
  • 耳栓をしながらも得意先からの電話はしっかり取る必要があるような作業現場
  • 工場で打ち合わせをする度、大きな音がする装置を止めないと人の声が聞こえないなぁと悩みを聞いたことがある作業現場
  • 従来の耳栓ではつけ心地が悪く、耳が痛くなると耳栓の評判を聞いている現場
  • 従来の耳栓の耳穴での「じとじと感」がイヤだと聞いている作業現場

コスト面の注意点!

従来のスポンジ耳栓は「使い捨て」・・
MusicSafe Pro、WorkSafeは「繰り返しご使用」いただけます!

  • 耳栓も種類も豊富にあります。それぞれの違いもよくわかりにくいので、低価格な耳栓に飛び付いてしまいがちです。
  • 従来のスポンジ状耳栓の場合、「使い捨て」を基本としています。お手入れといっても耳垢をはらうくらいしかできません。同じものを繰り返し長期間使っていると清潔に保つことができないからと、1日使っただけで買い替えとすると、予想以上の購入回数になり、結果としてより費用がかかってしまうこともあります。
  • 「防音材を使って防音を」とも考えられます。それが可能であれば、良い方法かもしれません。
    ただ、防音材を設置してということとなると、装置の配置を考えて・・・と大掛かりな対策になる上、防音材の継ぎ目にちょっとした隙間が出来るだけで音を通してしまい、費用をかけた割には効果が出なかったというお話を聞くことも多いです。
  • それに比較すると、耳栓による対策は、安価で、手軽にできるところが、なにより魅力です。おすすめのMusicSafe Pro、WorkSafeの場合、毎日使用したとしても、目安として6ヶ月~1年程度「繰り返しご使用」することができます。なので、1日たった22円程度(MusicSafe Pro 3,960円)で対策できることになります!(もちろん、毎日のご使用でなければ、より長い期間ご利用できます。耳穴での耳垢、汗、ご使用・お手入れ状況・時間に個人差があり、お手入れ上状態に大きく左右されますのでご注意ください。)
  • 作業員の耳の健康、騒音によって生じる耳の障害、それによる作業、生活へ及ぼされる支障、さらに耳の不安から起こりうる離職問題、訴訟問題などを考えると、それほど高い投資額ではないといえます。
    積極的に対策を行うことで、問題解決にむけて前進できるとよいですね!

どちらにしようか迷ったときは・・・
聞く必要がある音がある場合 → MusicSafe Pro
簡易的にでも・・・ WorkSafe

  • MusicSafe Proは、もともと大音量の音楽に音から耳を大切に守るためのプロ・ミュージシャン向けのもの。その音の遮蔽性能、音環境に柔軟に対応できる「かんたんフィルタープラグ交換」での音の加減調整、つけ心地の良さなどから工場・作業用の耳栓としてもご愛用いただいています。
  • MusicSafe Proには、3種類の特殊フィルタープラグ(ゴールド、シルバー、ホワイト)が付属していて、音の加減が3段階で簡単に行えます。作業員が自分の作業場にピッタリあった音の対策を行いたいという場合は、実際に音を聞きながら適切なプラグを選び、音の加減ができるMusicSafe Proがおすすめです。
  • WorkSafeでは1種類の特殊フィルター(赤)が固定されています。音の細かい調整は特に必要なく、簡易的にお使いになりたい作業員の方には、WorkSafeがおすすめです。
  • それぞれの工場の状況にあった耳栓をご選択していただき、問題解決にむけ前進できるとよいですね!

付属の特殊フィルター概要

音響特性詳細についてはページ最下部の表をご覧ください。
MusicSafe Pro,耳栓,フィルター

WorkSafe,耳栓,フィルター

MusicSafe Pro 遮音性能

125Hz250Hz500Hz1000Hz2000Hz4000Hz8000Hz
MusicSafe Pro
(ゴールド;高遮音)
18.815.61618.527.723.922
MusicSafe Pro
(シルバー;中遮音)
14.81515.718.726.624.418.9
MusicSafe Pro
(ホワイト;低遮音)
10.211.214.317.92423.418

WorkSafe 遮音性能

63Hz125Hz250Hz500Hz1000Hz2000Hz4000Hz8000Hz
WorkSafe
(レッド;高遮音)
23.423.123.622.323.427.226.325.1
音の高さ (Hz)に対しての遮音量 (dB)を示しています。
遮音量10dBで、音の大きさは約1/2に感じられると言われています。
人の声の音域、聴覚的に敏感な音域は、1000~4000Hzと言われています。
WorkSafe用レッドプラグは、MusicSafe Pro用ゴールドプラグと同程度の音響性能を発揮します。
WorkSafeには、プラグが1つのみで、固定型です。
★本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証したものではございません。

耳栓,配送